スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前世はたぶん一兵卒

Category : [こめ]本
編み物と読書に時間とられて
またもや間が開いてしまいました。
太平洋戦争関連の本を読んでいたらおもしろすぎて。

もともと戦争関係のドキュメンタリーや本が好きなんですが
(編み編みのお供も8割がた戦争関係のドキュメンタリーだったり)
一兵卒のじいさんらの話を聞くうちに
大本営は何やっとるか!とか、戦争やるならもっとうまくやれよ。。とか
いろんな思いが渦巻いてきまして。
興味の矛先が一兵卒の体験談から
戦争そのものにシフトしたわけですな。


昭和史の一級史料を読む (平凡社新書)  昭和史の一級史料を読む (平凡社新書)

知識の浅い今読んでもおもしろい。
もっとお勉強した後に読んだらさらにおもしろそう。


近衛家の太平洋戦争 (NHKスペシャルセレクション)  近衛家の太平洋戦争 (NHKスペシャルセレクション)

NHKハイビジョンスペシャル【真珠湾への道】の本。(番組は見てない)
近衛文麿の長男・文隆氏の足跡をその孫にあたる忠大氏が辿るのだが
とにかく文隆氏が魅力的な人物でこめメロメロ。
ソ連に連れて行かれなかったら、抑留先で亡くならず
生きて日本に帰ってきていたら。。と残念でならない。


勿論読んだのこれだけじゃないけど
あんまり興味ないと思うのでこれだけにしときます(笑)


でも皆さん、日本の近代史っておもしろいよ!
私が心がけているのは

●年号・人物名等無理に覚えようとしない
 (そのうちなんとなく覚えるだろう)

●いろんな人の本を読む
 (考えが偏らないように)

これだけ~
お勉強じゃないんだしね。
何年に何が起きた、ってことより
このときこの人は何を考えていたのかってことを知りたいんだもの。

というか、私の脳は年号を記憶するのに向かないのだー
この本にこういうエピソードが載ってた、とか
そういうことなんかはよく覚えているのに。脳の不思議。


そうそう、本を読んでいたらば
こめ大学の教授が近代史の史料に精通している
その道のプロであることにはじめて気づきました。
今だったら!
今だったら聞きたいこと、教えていただきたいことが山程あるのに!!
当時の私ときたら、長くて眠くてつまらん授業としか思っていなかったよ。。
なんともったいないことか。

今現在の心と頭で10数年前に戻れたら
もっと有意義なときを過ごすことができたのにと
最近特によくそう思います。

こめさんほど詳しくはないけれど、
もこりんもいまさらになって近代史に興味を持ったひとりだったり(笑)
なんだろうねー・・・昔はほんっと興味なかったのに。。
(どちらかといえば世界史に興味アリだった)
夏になるとさ、特に新聞もそういう記事が多かったりするじゃない。
終戦記念日なんかは特にそういう記事が多くて。
映画もそうだけれど、大人になって初めて別の観点から興味をもてたというか。

しかし・・・なぜにこめさん、一平卒?(* ̄m ̄) ププッ
わかんないよ、軍曹あたりかもしんないじゃん(笑)
日本の軍隊じゃないけれど、もこりんはドラマ【コンバット】が好きでねー、
父と一緒になってビデオ借りて見てたよ、中学女子の頃( ̄~ ̄;)

コメントありがとうございます

*もこりんさん*
アラ、もこりんさんも?
なんていうか20代の頃は自分と
自分のごく近いまわりのことでいっぱいいっぱいだったのが
だんだん他のことが見えてくるようになったような。。


もともと「何でこういうことになってしまったのか」
その理由を知りたい気持ちが強くてね~
たとえば現在の中東情勢を見るのに
第一次世界大戦まで遡ってみたり。
でもそれより日本の昭和史のほうがおもしろいことに
ようやく気づいた次第です。

>軍曹あたり

それでも軍曹なのか!(爆笑)

つかね、銃弾飛び交う中を匍匐前進する夢をたびたび見るので
軍令部であれこれ画策してたニンゲンじゃなく
前線で戦ってたのかな~と。
それも中国じゃなく南方の島だと思う。たぶん。

>コンバット

シブイ女子中学生だなー(笑)

うちの夫も

そのあたりの歴史に興味あるらしくって、本もいろいろ読んでるし、TVのドキュメンタリー番組録画したりしてます。
こめさんと同じで「このときこの人は何を考えていたのかってことを知りたい」みたい。
↑の本、夫にも勧めてみます^^

私は戦争関連ダメなんだぁ><
出身が長崎なんですが、子どもの頃から原爆や戦争の悲惨さを刷り込まれて、さらに周りのじーさんばーさんから戦争の話をたくさん聞かされて育ったからか、怖い;;
気合いを入れてかからないと、いろんな話を思い出して胸がキューッと苦しくなります。
いつか向き合わないとなぁとは思うんだけど。

コメントありがとうございます

*ライラママさん*
おお、同志が!(笑)
私は齧ったばかりなので
まだまだ浅~~い知識しかないんですが
非常に興味深いです、昭和初期から戦後までの日本。
以前ハマってた第一次世界大戦以前の中東情勢よりおもちろいかも~

>原爆や戦争の悲惨さを刷り込まれて、
>さらに周りのじーさんばーさんから戦争の話をたくさん聞かされて育ったからか、怖い;;

たしかにそれはトラウマになりそう;;
土地柄も影響してくると思いますが
ウチの場合、こめ祖母(母方の)が
非国民とそしられてもおかしくないようなヒトで(笑)
さらに戦中戦後ともに飢えた記憶のない家だったので
(白いごはん食ったり肉食ったり戦後はアイスクリーム食ったり。。)
身内や身近な人から悲惨な戦争体験を聞いたことがないのです。

小学生の頃、空襲モノや原爆関係の本を読みまくっていたけれども
直接聞くのと本で読むのとでは
受けるものが違ってきますもんね。
市民目線の戦争と戦地で戦う一兵卒目線の戦争、
中枢目線の戦争、それぞれ違いますし。

しばらくは一兵卒気分で戦争の「何で?」について
追求していこうと思います~

先日コメント入れるつもりで寝落ちしてしまったi-202
私もこの辺りの歴史は興味があって、本で読んだり漫画読んだり
ドキュメンタリーみたりドラマみたり映画みたりしてます。
基本戦争系はダメなんですけどね。
祖父は戦死していますし、なにより怖いし…
私もこめさんと同じで小学生の頃に体験記をたくさん読んでいて
戦争モノはとにかく駄目ですね。
ただちょっと、大人の事情ってのを知りたくなったという感じでしょうか。
昭和天皇の周辺や満州国建国、辺りを題材にした読み物も面白いです。
私は漫画「ジパング」をさらに面白く読むために
史実を知りたくなって調べたり…なのですごーく偏ってしまっていますが。。
ただ色々見聞きして思うのは
間違いなく自分は「一兵卒」でしょうから
絶対に戦争はしてほしくないってことですね。
上層部の言うままに前線に出るのは嫌なので(笑)

コメントありがとうございます

*きゅうさん*
またも同志が!(笑)

きゅうさんと私のアプローチが違うのも興味深いわー
私はどちらかというとあの戦場の悲惨さに心惹かれましてね。
水木しげる好きというのもあるんですが(笑)
水木先生の戦場体験もすんごいですもんね~

> 昭和天皇の周辺や満州国建国、辺りを題材にした読み物も面白いです。

石原莞爾とか、いいか悪いかは別として
あの生き方、眩暈がいたします@@

> ただ色々見聞きして思うのは
> 間違いなく自分は「一兵卒」でしょうから
> 絶対に戦争はしてほしくないってことですね。
> 上層部の言うままに前線に出るのは嫌なので(笑)

ウンウン、こんな無謀な計画じゃ絶対に勝てないってわかってるのに
行かざるをえないなんてイヤだーっ
非公開コメント

  

つぶやいてます

プロフィール

こめ

Author:こめ
灰色毛玉をこよなく愛するぐうたら生活者。
07年夏、突如レース編みに目覚めたが
優雅さからはほど遠く
「気合」「根性」で編みまくる毎日。
つい最近、またも突如ちくちく開眼。
初心者ゆえ細かいところは
大目に見てくださるとありがたい~

▼これまでのレース編み記録▼
 【あみトレ。】

▼ロシアンブルー・もちの記録▼
 【もちとこめ】
 【ビタミンCat】

  

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

お世話になってます


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

人気ブログランキング

手作り市場あ~てぃすと 手作りSHOP・手作り趣味・手作り・クラフト系ブログの総合情報検索サイト

手作りたんけんたい 手芸・工芸関連サイトのサーチエンジン

RSSフィード

リンク

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。